新婚旅行の王道ハワイ!おすすめのホテルや食事の予算

ハワイ

新婚旅行でダントツの人気エリアと言えば”ハワイ”ですよね!
マリンスポーツなどでアクティブに過ごしたい方や、綺麗な海や景色を見ながら新婚旅行をゆっくりと過ごしたいカップルにもぴったりです。
青い海と空。カラフルで鮮やかな花が咲き乱れているハワイは、パワースポットもたくさん存在します。
これからハワイへの新婚旅行を計画している方はもちろんすでにプランが決まっている方たちにも参考になる情報をお届けしたいと思います。

【予算】ハワイ新婚旅行の費用の相場はどのくらい?

大手旅行会社のハワイ新婚旅行のツアーの費用を見てみると下は30万円以内から70万円以上までプランにはかなりの金額差があります。
予算別の内訳は下記になります。

・30万円以内
お手頃なホテルに宿泊をして、ホノルル周辺への滞在がメインとなります。
ワイキキビーチを堪能したい新婚さんには便利です。

・30万円~50万円
ホノルルでラグジュアリーホテルへ宿泊で、比較的移動のしやすいハワイ島やマウイ島への滞在が一般的な新婚ツアーです。
観光の選択肢が広がるのでハワイの観光からアクティビティまで満喫したい方たちにはピッタリ!

・50万円~70万円
オアフ島や離島の高級リゾートへ滞在しながらレンタカーで島を周遊できたり、ハワイでの人気ツアーも気軽に参加することができます。新婚旅行でいつもと違う日常を堪能したいならおすすめ。

・70万円以上
ハワイ各島への滞在に加えて、アメリカ本土やタヒチなど、ハワイ以外の人気エリアへと足を延ばすことが可能になるプランです。
飛行機もビジネスプランになるので、快適な空の旅を楽しむこともできます。

新婚旅行のプランを見てみると、上と下では価格差がありますが、ハワイへの新婚旅行2人分の費用の相場は平均で70万円前後です。
お土産代の平均相場は10万円なので、合計80万円前後ということになります。
宿泊する日数によって、もちろん価格の差は出てきますが、

※宿泊日数別平均予算
3泊5日の場合は、約55万円
4泊6日の場合は、約65万円
5泊7日の場合は、約75万円

上記が2人分のツアー代の平均費用となります。1泊増えるごとに1人あたり5万円は増えていく
イメージで新婚旅行プランを立てると分かりやすいと思います。

【観光】ハワイ新婚旅行のおすすめスポットは?

ハワイは8つの島と100以上の小さな島からなるアメリカ州ですが、新婚旅行でハワイに行く場合、とくに人気でおすすめなスポットは以下4つの島でしょう。
カウアイ島
ハワイ島
マウイ島
オアフ島
日本とハワイを結ぶ国際空港はすべてオアフ島のホノルル空港で発着します。
そのため、オアフ島以外の島へ行くにはホノルル国際空港から各島の飛行機を利用します。

・カウアイ島

ホノルル空港からカウアイ島のリフエ空港までは、飛行機で約30分です。
ハワイ諸島の中でも最も歴史が古く、最も自然が豊かな場所。

リロ・アンド・スティッチの舞台としても有名で、太平洋のグランドキャニオンの異名をもつ峡谷は
ハワイの観光地の1つでもある『ナ・パリ・コースト』はジュラシックパークのロケ地にもなっている場所です。
その他、珍しい植物の宝庫『リマフリガーデン』など日本では見ることができない壮大な自然を楽しむことができるハワイでおすすめのスポット。

・ハワイ島

ハワイといえば、白い砂浜と青い海のイメージが強いですが、実はハワイは白い砂浜はなく溶岩が溶け砕けて砂になった黒い砂のビーチが多く存在しています。

ハワイ島は標高が高いため星空観賞をすることができます。ロマンティックな新婚旅行にはおすすめのスポットと言えるでしょう。また今も火山活動が続くなど大自然に触れることもできます。
世界遺産に指定されるハワイ火山国立公園にあるキラウエア火山では、燃え上がる赤い炎が神秘的で
美しい火口を見ることができます。
その他にも、ワイピオ渓谷やカマカホヌ(カメハメハ大王の王位引退後の住居跡)などたくさんの観光スポットがあります。

・マウイ島

ホノルル空港からマウイ島のカルフイ空港まで飛行機で約30分です。
ハワイ諸島の中でもホエールウォッチングが楽しめることで有名な島になります。

老舗ショッピングセンターや大型ディスカウントストアなどがある商業地区なので新婚旅行で買い物がしたい!なんて新婚さんにはおすすめのスポットです。
ただしアメリカ本土からの観光客が中心で、日本人観光客は少なめです。
また、天国に一番近いと言われている”ハナ”の町があり、手つかずの自然が残るハワイ最後の場所のひとつとされています。

・オアフ島

ハワイ州の観光、経済、政治の中心となっている島です。

ハワイの中でも有名な”ワイキキビーチ”や日米開戦のきっかけになった真珠湾などがあります。
ワイキキビーチだけでなく、ハナウマ湾やウミガメに遭遇できる確率が高いラニアケアビーチなど、綺麗な海を満喫することができるので新婚旅行の素敵な思い出を残すにはぴったりのスポットです。

【ホテル】ハワイ新婚旅行におすすめなホテル

ホテル選びは、新婚旅行でも一番重要ですよね!ホテル選びを失敗してしまうとせっかくの新婚旅行も台無しな気分になってしまいます。
ハワイは観光地ということもあり、数多くのホテルが存在するため、一体どこのホテルを選べばよいのか分からなくなってしまこともしばしば・・。
様々な口コミを元に、ハワイへの新婚旅行に行ったら是非泊まってもらいたいおすすめなホテルを5つピックアップしてみました!

・ハレクラニ

ハワイに言ったら一度は泊まってみたい!世界中の旅行者を夢中にする、ハワイの高級ホテルです。
新婚旅行で泊まってみたいホテルでは必ず上位にランクインします。

1917年の創業で100年以上の歴史があり、ハレクラニとはハワイ語で”天国にふさわしい館”と呼ばれています。
客室・レストラン・サービスはどれをとっても天下一品で、どこを踏まえても”ハワイで1番のホテル”といえるので新婚旅行で宿泊すれば満足度もかなり高くなるおすすめホテルです。
ただ、ロビーや客室も特別な装飾や仕掛けがあるわけではなく、ハレクラニは一貫して落ち着いた雰囲気をもっています。
創業以来、様々な賞に輝いていて、ホテル内やダイニング・プール・スパだけでも優雅な一日を過ごすことができます。

・エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ウォーク

全室がスイートルームのホテルで、1ベッドまたは2ベッドルームスイートで、ベッドルームとリビングルームが仕切られているコンドミニアムのような広々とした贅沢な間取りになっています。

朝食は、シェフが目の前で卵を焼いてくれたり、1時間の無料ヨガレッスンやプールサイドでカクテルを楽しむことが出来るドリンクサービス”マネージャーズ・レセプション”があります。
広々としたスイートルームは新婚旅行にもぴったり!
無料で利用できる様々なサービスもあるので贅沢な気分とお得な気分、両方を楽しむことができる新婚旅行になるでしょう。

・ロイヤル・ハワイアン・ラグジュアリー・コレクション・リゾート

2008年に大規模な改築工事のため閉館したのち、再オープンを果たしました。

王朝時代に王族の避暑地だったため、ハワイアンにとっては古くから由緒ある土地でパワースポットとしても有名です。新婚旅行でパワースポット巡りを考えているならおすすめのホテル。
”太陽のピンク・パレス(宮殿)”という愛称をもち、その通り上品で優雅なサービスをとことんと追及している人気ホテルです。
ホテルの設立者のウィリアム・マトソン氏が友人が所有している別荘からインスピレーションを受けたことで、外装はインパクト抜群のピンク色になったといわれています。
可愛らしい空間は新婚旅行にはピッタリの空間でSNS映えするスポットが好きな新婚さんには特にオススメなホテルです。

・トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ

人気のスポット『ワイキキビーチウォーク』に建つ高級5つ星ホテルの、トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ。

ビーチもショッピングも食事もすべて徒歩圏内で楽しむことができる人気のホテルです。
トランプ・アタシェイと呼ばれるサービスも最高級で、お客様1人1人に合った細かな要望をできる限りかなえてくれる細かいサービスです。
新婚旅行だからこそホテルでも様々な要望を応えてもらいたい!と思っている方にはピッタリです。
また、アメニティも充実しており、中でも人気なの”ビーチバッグ”です。
タオル以外で日焼け止めやフルーツも入れてあるので、このビーチバッグを1つ持っていけば身軽にビーチへ繰り出すことができます。

・ハイアット リージェンシー ワイキキ リゾート & スパ

ワイキキの中心であるカラカウア通りに建つホテルです。
全体の7割~9割が日本人の宿泊者と言われるほど、日本人に人気があるホテル。

ダイヤモンドヘッドのハイキングやホノルル動物園、水族館も近くアクセスが良いのが特徴です。
極上のスパと人気のレストラン、フィットネスクラブ、プールやジャグジーなどが揃っているうえに
ショッピングフロアも完備されています。
海や夜景を一望できるラグジュアリーな客室では最高級な新婚旅行を満喫することができるホテルです。

【グルメ】ハワイ新婚旅行の食事は何がおすすめ?

ハワイへの新婚旅行は、雄大な自然や綺麗な海の他にグルメを目的にしている方も多いと思います。
多くのセレブや芸能人がハワイに長期滞在する理由は『美味しい食事と快適な気候』です。
ハワイの食事が美味しいと評判ですが、ハワイの一番のネックが”物価が高い”こと。
きちんとしたレストランで食事をすると結構な金額になります。
新婚旅行なので高級な食事も良いですが、格安店にも美味しいお店はたくさん存在するんです。
今回は、ハワイの定番から人気の格安店までハワイに新婚旅行へ行ったら是非食べてもらいたい食事をご紹介したいと思います。

・カフェ カイラ

ハワイでもっとも栄誉のあるグルメ大賞”ハレアイナ賞ベストブレックファースト賞”を2年連続で金賞を受賞した経歴をもつ、日本でも人気のパンケーキ店ランキング1位に輝いた名店です。

料理好きのカイヤさんがオーナーを務めており、ハワイでも行列のできる人気店。
ここのパンケーキの特徴は、ストロベリー、バナナ、ブルーベリーやりんごなどフレッシュなフルーツなどが盛りだくさんにトッピングできることです。
1種類からオーダー可能ですが、多くの人が頼むのが全種類のトッピング。
華やかでボリュームがあるパンケーキは1皿でもかなりのボリュームなので、新婚の2人でシェアするのも良いですよね。
人気店なので、行く時間によっては結構並んでしまうのでオープン直後の7時台かラストオーダーの14時前がオススメです。

2019年1月現在のカフェカイラの営業時間
月曜日:7時~18時
火曜日:7時~18時
水曜日:7時~18時
木曜日:7時~18時
金曜日:7時~18時
土曜日:7時~15時30分
日曜日:7時~15時30分

住所:2919 Kapiolani Blvd, Honolulu, HI 96826 (Market City Shopping Center)
電話番号:(808) 732-3330
休業日:無休 (祝祭日はお問い合わせください)
クレジットカード:
駐車場:マーケットシティ・ショッピングセンターのパーキング
日本語メニュー:あり

・ハイズ ステーキ ハウス

ハワイの最高級ステーキ店で、ハワイに来たら絶対に食べたい!と思っている方も多いはず。
店内はヨーロッパのお城のような重厚感あふれるファインダイニングでドレスコードも決められている格式の高いステーキハウスです。

注文を受けてからシェフが肉の厚みや部位の違いに合わせて、ハワイ産の香木キアヴァを使った専用な大きなオーブンで焼き上げます。
ステーキだけでなく新鮮な魚介類や炎のスイーツと呼ばれる、リキュールをかけ美しい炎を燃え上がらせて作るフランベデザートも人気です。
新婚旅行でハワイへ行くなら、リッチな豪華ディナーを楽しんで最高な思い出にしちゃいましょう!

住所:2440 Kuhio Avenue Honolulu
電話番号:(808) 922-5555
営業時間:
17:30 – 22:00 (月-金曜日)
17:00 – 22:00(土・日曜日)
休業日:無休 (祝祭日はお問い合わせください)
クレジットカード:
駐車場:有り(バレット)
日本語 Menu:あり

・ハウス ウィズアウト ア キー (ハレクラニ)

ハレクラニの中庭にあるレストラン&バーが”ハウス ウィズアウト ア キー”です。
1925年に書かれた小説「チャーリー・チャン」に登場したという由緒あるレストラン。

ブッフェスタイルの朝食、ランチ、カクテル、ディナーを楽しむことができ17時~20時までレストラン内のステージでハワイアンミュージックとフラのショーを観ることができます。
ハウス ウィズアウト ア キー (ハレクラニ)は、綺麗な海と解放感のあるレストランなので非日常的な時間を過ごせます。
新婚旅行の最後の夜には、食事のあとカクテルを飲みながらフラを観て、綺麗な夕日を眺めれば2人の忘れない思い出になることは間違いないでしょう!

住所:2199 Kalia Rd, Honolulu, HI 96815
電話番号:(808) 922-5555
営業時間:
朝食(ブッフェ)
7:00~10:30(月曜日~土曜日)
7:00~11:30(日曜日・祝日)

昼食(アラカルト)
11:00~17:00(月曜日~土曜日)
12:00~17:00(日曜日・祝日)

夕食(アラカルト):17:00~21:00

休業日:無休 (祝祭日はお問い合わせください)
クレジットカード:
駐車場:有り(ホテル内)
日本語 Menu:

・ミーバーベキュー

ハワイの格安グルメの代表格といえるのが”ミーバーベキュー”です。

安くて気軽に食べられるプレートランチが人気でハワイ版のお弁当のようなもので肉・魚などメインのおかずにライスやサラダが一皿に盛られていて新婚旅行でのランチにぴったり。
中でも人気なのがバーベキューカルビやバーベキューチキンです。
出来立てを店先で食べても良いし、テイクアウトして2人でホテルでゆっくり食べるのも◎ですね。

住所:151 Uluniu Ave, Honolulu, HI 96815
電話番号:(808) 926-9717
営業時間:7:00~21:00(月曜日~土曜日)
休業日:日曜日
クレジットカード:不可
駐車場:無し
日本語 Menu:あり

・ブルーウォーターシュリンプ&シーフード

アラモアナセンターフードコートにある、ブルーウォーターシュリンプ&シーフードはハワイの定番料理”ガーリックシュリンプ”が人気のお店です。

ハワイで獲れた新鮮なシュリンプを、ほどよい火加減で料理され、クリーミーなソースで独特なガーリックシュリンプを楽しむことができます。
ガーリックも強すぎないため、女性でも食べやすいと評判です。これぞハワイという食事を新婚旅行で満喫したいならおすすめのお店です。

住所:1450 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96814
電話番号:(808) 946-4759
営業時間:
7:00~21:00(月曜日~土曜日)
9:30~19:00(日曜日)
休業日:アラモアナセンターに準ずる
クレジットカード:
駐車場:あり
日本語 Menu:あり

・ステーキシャック

ワイキキショアの1階(ビーチ側)に並ぶ店舗小屋の1つです。
ステーキプレートが手軽な価格で楽しめる人気店!

レギュラーステーキプレートが8.75ドルと、ハワイでは格安のステーキ屋さん。
レストランタイプではなく、ステーキ小屋という感じの非常に小さなお店です。
お店にイートインスペースはありませんが、近くに近隣のお店と共有のテーブルと椅子が用意されています。
ワイキキビーチを見下ろしながら食べるステーキは一段と美味しく感じこと間違いなし!
新婚旅行でステーキは食べたいけれども、出来るだけ節約したいという新婚さんにはピッタリです。

住所:2161 Kalia Rd, Honolulu, HI 96815
電話番号:(808) 861-9966
営業時間:10:00~19:00(月曜日~土曜日)
休業日:日曜日
クレジットカード:不可
駐車場:
日本語 Menu:あり

ハワイ新婚旅行ではどんなことにお金が掛かる?

ざっくりと、ハワイ新婚旅行の相場をご紹介しましたが実質的には何に費用が掛かってくるのでしょうか?細かくご案内したいと思います。
ハワイの新婚旅行でお金が掛かることいえば、

・飛行機代
・ホテル代
・食事代
・お土産代
・ショッピング費用
・ツアー代
・レンタカー代
・ESTA申請費用
・空港までの交通費

旅行会社のプランを利用する場合は、食事代の一部や空港までの交通費が含まれている反面現地でのツアー代が別だったりするケースもあるので、現地で何に対して支払う必要があるのかは事前に把握しておきましょう。

・離島に行く場合は別途飛行機代が必要

ハワイといえば、ワイキキのあるオアフ島が一番人気ですが、ビックアイランドと言われるハワイ島や渓谷や熱帯雨林ゴルフコースで有名なカウアイ島などに行ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか?
いずれの島へ移動する手段は小型飛行機になるので、別途飛行機代を用意する必要があります。
ホノルル空港からそれぞれの離島へ行く飛行機代は、往復で最低でも1人あたり2万円~4万円です。

ハワイへの新婚旅行はツアー?それとも個人?

初めてハワイへの旅行を計画するにあたり”ツアーで行く”か”個人手配で行く”かを迷っている方も多いと思います。
ツアーと個人手配での違いとそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。
結論から言うと、ハワイへの新婚旅行はツアーでも個人手配でもどちらでも良いと思います。
ハワイのツアーは便利なサービスが充実しているので、初めての方であればツアーを利用した方が安心ですが、個人手配での海外旅行をデビューする場所としてもハワイはオススメです。
なぜなら、ハワイは比較的に治安も良いので、常識の範囲内で行動をするのであれば危険な場所は少ない旅行先です。
また、ハワイは日本人観光客も多く、お店や病院など比較的日本語が通じるので初めての個人手配もスムーズに行えると言われています。

・ツアーのメリット

・ホノルル空港からワイキキまでの送迎がある
・ホテルでの朝食付き
・ホテルのアーリーチェックイン可(10時から)
・ワイキキトロリーが乗り放題
・アクティビティもツアーに含まれている

・ツアーのデメリット

・組まれているスケジュール通りに動く必要がある
・他にも同行者がいる
・融通がきかない場合がある

・個人手配のメリット

・自分達の好きなスケジュールを組める
・他に同行者がいない
・2人だけの旅行プランを組める

・個人手配のデメリット

・スケジュールが予定通りにこなせない
・計画したことが裏目に出てしまう
・トラブルの際は自分で対処しなくてはいけない
・思い通りにならないことでイライラして喧嘩になってしまう

ツアーと個人手配での大きな違いは
・航空券の予約
・ホテルの予約
・空港とホテル間の行き帰りの交通手配
・滞在中交通の手配
また、ツアーの場合は旅行会社の中間管理費が発生するので個人で手配するよりも費用が掛かかるのが一般的です。
そのため、価格を抑えてハワイ旅行に行きたい場合は、個人手配の方がオススメです。

ハワイ新婚旅行におすすめのシーズンは?

『いつ行くのが価格が安くて、ハワイを楽しむことが出来るか?』
『ハワイに行くなら天気の良い時期を選びたい』
簡単に行ける場所ではないからこそ、天気や価格などにこだわった新婚旅行を過ごしたいと思いますよね。
まずは、ハワイ新婚旅行を失敗させないための、おすすめシーズンについてご案内します。

・ハワイの値段が上がる時期

お正月にテレビを見ていると、多くの芸能人がハワイで新年を迎える様子が放送されていますよね。
その光景からもわかるように、1年を通してハワイの航空券が一番高いのが12月下旬~1月上旬の年末年始です。
その他価格が上がるハイシーズンは
4月下旬~5月上旬:ゴールデンウイーク
7月下旬~8月末:夏休み
9月19日~22日前後:シルバーウイーク
2月~3月下旬:卒業式シーズン&春休み
これらの時期は、ハワイ旅行のハイシーズンのため出発時も帰国時も空港がとても混み合います。
また、現地の観光スポットやショッピングセンター、ホテルなども混雑するので非日常的を目指し、リラックスを目的としてハワイへ行く場合、ハイシーズンはできるだけ避けた方がベストです。

そこで、新婚旅行にハワイへ行くのにオススメしたいシーズンは5月中旬~7月中旬でオススメ理由としては2つあげられます。
・長期休暇の間にあるため比較的に価格が安くなる傾向がある
・乾季の時期なので、晴れ間が多い
一生に一度の新婚旅行といえども、出来るだけ旅費は抑えてアクティビティや観光などにお金を使いたいものですよね。
また、せっかく新婚旅行をアクティビティや観光を楽しむためには雨季よりも乾季の方が晴れ間に恵まれる可能性が高い5月中旬~7月中旬が一番オススメのシーズンといえます。

ハワイへの新婚旅行は安い曜日・高い曜日がある?

出来る限り旅費を抑えたい場合は、旅行に行く時期を考えるのは重要ですが、”日本を出発する曜日”と”ハワイから帰国する曜日”も重要なポイントとなります。
旅行に行く時期はもちろんのこと、世間の人たちが休みの時期は必然的に料金が高くなります。
そのため、ハワイ新婚旅行で高い曜日は日本を出発する曜日が”金・土・日”の出発便で、ハワイを出るのが”金・土・日”の出発便になります。
みんな、会社や学校が休みになる”土曜日”に出発や帰国をしたり、仕事が終わった後の”金曜日”に出発する方が多くいます。
その点を踏まえて、オススメしたい曜日は、日本を出発するのが”月・火・水”の出発便で、帰国は”土日以外”の便になります。
曜日を変更するだけで1人あたり3万円は安くなるので、その浮いた金額でお土産やアクティビティなどを楽しむことができますね!
ただ、季節によっては曜日を変えてもさほど変わりがないこともあるので予約をする際はその点も視野に入れて下さい。

 

 

【会話】ハワイって英語でも大丈夫?会話は通じる?

『ハワイは日本語が通じるから大丈夫!』
『英語ができない人にもハワイは優しい』
と聞いたことありますよね。
確かに、ハワイは日本人観光客も多いため英語を話せなくても大きな問題はないといえますが、ハワイ旅行で日本人客が多いのが”ワイキキ周辺のリゾートビーチ周辺”です。
当然、この周辺は日本人が多いことから英語が話せなくても不便はなく、サービスを提供する側も日本人の対応に慣れており、中には日本語で接客するスタッフもいます。
しかし、パールハーバーやカイルアなどワイキキから少し離れた場所に行きたいのであれば少なからず英語を駆使して道を聞いたり値段を尋ねるなどの必要があります。
また、地元のレストランなどで食事を楽しみたい場合は、英語でしかオーダーが取れないことが多いので美味しいそうなレストランがあっても『英語話せないから入るのコワイ・・』と諦めてしまうことになります。
そのため、英語が話せないとワイキキ周辺の定番リゾートルートしか楽しめないのが現状となってしまいます。
片言でも良いので、レストランでのオーダーや道を尋ねるくらいの英単語は勉強して行った方がよりハワイを楽しむことができます。

 

【土産】ハワイ新婚旅行のお土産で人気なものは?

新婚旅行でのお土産代の相場は平均10万円です。これは自分たちのお土産も含めた価格となっています。
お配り用のお土産に掛ける金額の平均は5万円ほど。
せっかくの新婚旅行なので、お土産も失敗したくないですよね。
ハワイのお土産を賢く選ぶ方法やオススメのお土産を紹介したいと思います。

・ホノルルクッキー

定番のハワイ土産といえば、絶対上位にランクインするのが”ホノルルクッキー”
パイナップルの形をしたクッキーにチョコレートなどが掛かっていて見た目も可愛く、価格もそこまで高くないのでお土産にはピッタリです。
季節やイベント時期に合わせて限定商品が出たり、パッケージも変わるので一度もらったことがある方でも喜ばれること間違いなし。

・RARE HAWAIIAN(レアハワイアン)の白いハチミツ

女性に喜ばれるお土産の代表なのが、ハワイ島のKIAWE(キアヴェ)の木に咲く花の蜜で採取された
100%オーガニックの白いはちみつです。
ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー誌では”全世界で最高ランクのはちみつ”と絶賛されています。
幻の白いハチミツとも言われていて、超希少価値があるので女性に喜ばれること間違いなし!
新婚旅行の親戚へのお土産にも向いています。

・ISLAND GIRL HAWAIIのキューティクルオイル

ハワイお土産の新定番ISLAND GIRL HAWAIIのキューティクルオイルはドライフラワー入りの良い香とオイルで癒されながらカサカサ爪を潤してくれます。
価格は3つセットで日本円で1500円前後なのでお手頃価格なのも嬉しいですよね。
見た目も可愛く使う度にふわっと甘い香りが立ち込めます。
とにかく、女性へのお土産はこれ!という感じで使えます。
日本で買うとちょっと高めですがハワイで買うと半額以下で購入できます。

・マウナ・ロアのマカダミアナッツ

ハワイの定番中の定番といえば”マカダミアナッツ”ですよね。
世界生産量No,1ということだけあって、ハワイ土産で喜ばれること間違いなし。
フレーバーは定番のソルトのほか、オニオン&ガーリック、ワサビ&テリヤキなど様々な味があるので、それぞれお土産として買っていくのも良いですね!
若い方だけでなく、年配層やお酒を飲む方へのおみやげとしても喜ばれます。

コメント