北欧の新婚旅行ならアイスランドが人気!そのワケとは?

アイスランド

人気の北欧、新婚旅行はアイスランドがオススメ!

日本人の新婚旅行として人気どころはハワイやイタリアが人気ですが「どうせ行くなら人とはちょっと違うところに行ってみたい!」と思っている方にオススメしたいのが北欧のアイスランドです。


北欧アイスランドの最大の魅力は何といっても雄大な自然です。
アイスランドを加えた北欧ではオーロラ観測ツアーが多く、実は観光名所もたくさんあります。
一生に一度の新婚旅行は、普段の旅行とは違う特別感を感じたいですよね。
特別な新婚旅行をアイスランドのオーロラで彩ったら一生忘れられないステキな思い出になるでしょう。

『火と氷の国』と呼ばれるアイスランド

北欧はスウェーデン・デンマーク・ノルウェー・フィンランド・アイスランドの5つの国を指し、北極圏近くの高い緯度に位置します。
アイスランドは、北欧の中でも最も北にある国です。

「火と氷の国」と呼ばれる島国で北極圏に近いのにも関わらず、冬の寒さはそこまで厳しくなく
オーロラ観測が出来る地域の中では最も暖かいのがアイスランドと言われています。

そのため、新婚旅行でオーロラを見たいけれども寒すぎるのは無理!!なんていう新婚さんに人気があります。
北欧アイスランドは地表10%が氷に覆われていますが、地熱や水力などの自然エネルギーが豊富で
温泉が各地で湧き出しているため、大自然の中でゆっくりと温泉を楽しむことも出来ます。

北欧で有名な世界最大の露天風呂の『ブルーラグーン』があり、ゆっくりと非日常的な時間を過ごす新婚旅行にしたいという方にピッタリなのがアイスランドというわけなんです!

アイスランドの新婚旅行のオススメなホテル

・ホテル グリムズボルギル ラグジュアリー ルームズ & アパートメンツ
(Hotel Grimsborgir Luxury Rooms and Apartments)
口コミや評価も高くアイスランドで人気の高級ホテルです。

南アイスランドのゴールデンサークル内のÁsborgirに位置するホテルでセルフォスから車で15分、ユネスコ世界遺産のシンクヴェトリル国立公園から21kmとアイスランドの観光地から近いのも人気の理由の1つです。
夏季にはパティオ(住宅に付属する屋外スペースのこと)で食事を楽しむことができるので、新婚旅行の大切な2人だけの時間を贅沢に楽しむことができます。

・ボレアリス ホテル(Borealis Hotel)
シンクヴェトリル国立公園から車で10分のホテルです。

北欧感を肌で感じたい新婚さんにおすすめなホテル。建物や家具などから漂うアイスランド独特の雰囲気。
ボレアリス ホテル(Borealis Hotel)の併設されたレストランは、伝統的なアイスランド料理が食べれるので、やモダンで独創的なスタイルを楽しむことができます。
冬季には、ホテルの窓からオーロラを楽しむことができるので、新婚旅行のステキな思い出になることは間違いないでしょう

・ION アドベンチャー ホテル(ION Adventure Hotel)
大自然の中に建つデザインホテル。

モノトーンカラーの客室からは絶景を楽しむことができます。
ネシャヴェトリルで最高のロケーションと評判で、この都市にある他の宿泊施設と比べて立地条件が抜群に良いのが特徴です。
室内から夜空を見渡せるバーも併設しており、北欧新婚旅行ならではのオーロラを見ながら2人でお酒を飲むことが出来るかもしれません!
そんなカップルに好評なロケーションでロマンチックな北欧新婚旅行を過ごしたい人におすすめです。

アイスランドの新婚旅行に掛かる費用はどのくらい?

アイスランドの新婚旅行に掛かる費用はプランによって様々ですが、必ずかかる簡単な内訳は
・航空券代
・宿泊費
・食費
・観光費
・ツアー代
航空券代を除く宿泊費などは、アイスランドに滞在している日数分は掛かります。そして、
・海外旅行保険代
・通信費
・お土産代
これらが、プラスアルファでかかる忘れがちな費用です。

それぞれ、新婚旅行にかかる費用の内訳をまとめてみました!

・航空券代
北欧はシーズンによって費用が大きく変動しますが、
ハイシーズンの場合:20万円~
ローシーズンの場合:8万円~
となっています。これらはエコノミークラスの価格で、空港使用税や燃油チャージ代は含んでいません。
予約をする際に、ハイシーズンでも格安な航空券はありますが、通常の乗り換え時間が長かったり、不要に色々な都市を経由してフライトの合計時間が40時間も掛かってしまう場合も珍しくありません。
新婚旅行を計画していて直前に予約することはほとんど無いと思いますが、ローシーズンの場合でも直前に予約をするとハイシーズンよりも高くなってしまうこともあるので早めに予約するようにしましょう。

・宿泊費
アイスランドは、高級ホテルから別荘タイプまで様々なタイプの宿泊施設が存在します。
そのため、宿泊施設のグレードをどうするかで新婚旅行の費用が大きく変わります。
宿泊費もハイシーズンとローシーズンで価格が変わるのでその点も注意しましょう。

高級ホテル
ハイシーズン:35,000円~
ローシーズン:15,000円~

中級ホテル
ハイシーズン:16,000円~
ローシーズン:9,000円~
エコノミーホテル
ハイシーズン:3,000円~
ローシーズン:2,000円~

別荘タイプ
ハイシーズンもローシーズンも変わらず:1,000円

・食費
アイスランドはとても物価が高い国なので、食事にかかる費用を多く見積もっておく必要があるでしょう。ハンバーガーセットで2,000円くらいは当たり前。
安く見積もっても、ランチでは1,500円~でディナーは5,000円~を目安にしてください。
アイスランドは食事がとても美味しいので、せっかくの新婚旅行でここをケチってしまうのはもったいないと個人的には思います。
朝やランチは安く済ませて、ディナーにガッツリとアイスランドの美味しい食事やお酒を楽しむ北欧新婚旅行にするのも素敵ですよね。

・観光費
アイスランドの観光地はほとんどが町から離れているため、多くはツアーで参加をするか自分でレンタカーを借りて旅行をすることになります。

費用の目安はこちらになります!

ツアー代
半日以下ツアー:3,000円~6,000円
1日ツアー:8,000円~20,000円
1泊2泊ツアー:30,000円~60,000円

レンタカー代
1日:10,000円~

ガソリン代
1日:5,000円~

空港から首都レイキャビックへの交通費
空港バス:3,500円
タクシー:16,000円~20,000円

アイスランドのツアー費用はFIX(固定)プライスなので割引などが一切ありません。
どこの会社でも金額に大きな差はないので日本で申し込んでおくのがオススメです。

・海外旅行保険代
治安が良いアイスランドでも、旅行は何があるか分からないものです。
スリや窃盗の被害や麻薬常習者による暴行事件なども少なくはないので保険に入っておいた方が無難です。
7日間旅行する場合の保険料:2,840円
また、クレジットカードに海外旅行保険がついているものあるので保証がしっかりしているクレジットカードを持参していくのもオススメです。

・お土産代
物価の高い北欧アイスランドでは、お土産も高いです。
例えば、ハンドクリームは4,000円~、マグカップは2,000円~など日本の物価の2~3倍くらいの価格と思っておいた方が良いでしょう。
大体、H.I.Sなどのツアーでの金額が299,000円~369,000円なのでこの金額に食費やお土産代、観光費がプラスになると考えてください。
新婚旅行で行く場合は、観光やお土産もケチりたくない!という方も多いと思うので2人で最低30万円は持っていった方が楽しい北欧新婚旅行を過ごせるでしょう。

北欧アイスランドの新婚旅行で何をする?

アイスランドの一番の魅力は広大な自然とたくさんの野生動物に出会えるところで、それを目的に新婚旅行にアイスランドに訪れる人も数多くいます。
大自然は美しいだけでなく初めて訪れる方たちの冒険心をくすぐるスポットがたくさん!
そんな新婚旅行にもオススメなアイスランドの観光スポットをご紹介します。

・ゴールデンサークル
アイスランドに来たら欠かせない観光スポットが”ゴールデンサークル”です。

季節問わず通年楽しむことができます。
グトルフォスの滝、ストロックル間欠泉の噴出するゲイシール地熱帯、ユネスコ世界遺産に登録されているシンクヴェトリル国立公園で構成されていて半日もあれば観光できるので、残りの半日を他のアクティビティに参加するツアーが人気です。
限られた新婚旅行の時間を効率よく観光することが出来ます。

・南海岸とヨークルスアゥルロゥン氷河湖ツアー

こちらも通年楽しめる観光スポットで数々の滝や氷河がちょうどよい距離に点在しておりゴールデンサークルとは違った雰囲気を楽しむことができます。
新婚旅行でゆっくりと大自然を楽しみたい新婚さんにオススメです。

・温泉
アイスランドは火山が多いため、そこかしこに温泉が湧き出している温泉大国です。
数ある温泉の中でも人気が高いのが世界最大の露天風呂”ブルーラグーン”です。

7000㎡もの広さをもち、温泉の色はミルキーブルー。
日照が長い夏は24時間、冬季でも20時まで営業しています。
冬なら露天風呂に入りながらオーロラを眺めることができる幻想的な景色を新婚旅行で楽しむことができるのはここだけです!

・クラフトビールの飲み比べ
お酒好きな新婚さんに新婚旅行で楽しんでもらいたいのがクラフトビールの飲み比べです。
昼はアイスランドのアクティビティを楽しみ、夜はバーでゆっくりとお酒を飲むのも素敵ですよね。
首都レイキャビクではクラフトビールが楽しめるバーがたくさんあるのでハシゴ酒で色々なバーでお酒を楽しむのもいいでしょう。

・オーロラ
北欧アイスランドの冬の風物詩といえば”オーロラ”ですよね!

9月下旬から3月下旬までしか見ることのできないオーロラは暗い夜空で雲のない晴天であれば
アイスランド全土でオーロラ観察のチャンスがあります。
オーロラツアーには様々なプランが用意されているので、北欧新婚旅行にぴったりなツアーを
2人で探すのも旅の魅力といえます。

・インサイド・ザ・ボルケーノ
夏の時期に楽しむことができるのが火山ツアーです。

その中でも人気なのが”インサイド・ザ・ボルケーノ”で5月~9月の夏場限り火山の中に入ることができます。
ゴンドラに乗って火山の心臓部へ降りていくツアーは新婚旅行で2人の絆がより深いものになるのは間違いなしかもしれません!

アイスランド新婚旅行のベストシーズンや気温は?

アイスランドには日本と同じく四季があるため新婚旅行のシーズン選びでやることも変わってくるのが北欧の特徴。季節ごとの平均気温は以下の通りなので参考にしてみてください。
春→4月~5月(平均気温1℃~10℃)
夏→6月~8月(平均気温7℃~25℃)
秋→9月~10月(平均気温2℃~11℃)
冬→11月~3月(平均気温-5℃~5℃)
冬が11月~3月と6ヵ月間もあり、寒い期間が一番長くなっています。
しかし、メキシコ湾から北上してくる暖流があるおかげで、アイスランド周辺の北太平洋の海は
暖かいという特徴もあります。
同じ緯度にあるカナダのユニコーンやグリーンランドに比べるとアイスランドの気候は温暖です。
アイスランドの冬場の気温は日本の秋田市と同じくらい。
そんな、北欧新婚旅行のベストシーズンは気温が温かくなる6月~9月ですが目的によっては、別の季節でも十分に楽しむことができちゃうんです。

アイスランドの夏場は日照時間が長いため、この時期に新婚旅行をする人が一番多く人気のシーズンといえるでしょう。

しかし、新婚旅行で人気のアイスランドといってもシーズン毎にメリットとデメリットがありますので新婚旅行に行く前に参考にしてみてください。

アイスランドの新婚旅行を夏にするメリット

・夜遅くまで観光できる
アイスランドの夏は太陽が沈まない白夜になるので、夕焼けが夜中の12時過ぎという特徴があります。
そのため、夜遅くまで屋外での観光や移動時間を多めにとることができ充実した一日を過ごすことができるでしょう。
夜中に見る夕焼けは、日本では絶対に見れない光景で神秘的。
白夜が時間間隔を麻痺させることで非日常の新婚旅行を楽しめちゃうかも♪

しかし、夏場でも昼間の気温は平均13度くらいで夜は7~9度なので防寒着は必須。

・レンタカーで観光しやすい
夏場は道の凍結の心配がないので、車での観光がしやすいシーズンです。

・迫力満点の滝が見れる
アイスランドは綺麗な水が豊富にある国として有名です。
冬場は水が凍っていますが、夏場になると氷河や雪解け水が豊富に流れるので大爆音を出しながら流れる迫力満点な滝を見ることができるんです。日本ではなかなか見ることができない大自然の滝をみるだけでも新婚旅行の刺激になるでしょう!

アイスランドの新婚旅行を夏にいくデメリット

・ハイシーズンなので旅行代金が高い
・観光地が込み合う
・ホテルの予約がとりずらい
夏場はアイスランドに旅行のハイシーズンなので観光地が込み合ったり、ホテルの予約が取りずらいという現状があります。そのため、夏のシーズンに新婚旅行を考えている場合は、早めに計画を立てて予約をすることをオススメします。

・人混みを避けたいなら”春”がオススメ
ハイシーズンではないため、人混みをさけて新婚旅行を楽しみたという新婚さんには春をオススメします。
日照時間も長く、気温もそこまで寒くないので十分に新婚旅行を楽しむことができます。
4月中旬から雪解けが進むため、車や徒歩での移動がスムーズになり、訪問できる観光スポットも増えてくるので、ツアーの本数も多くなります。

人気の観光スポットにもなっている40年以上前に墜落した米軍飛行機の残骸は広大な砂漠にあります。悪天候や雪の降る時期には訪れることが出来ない場所。

これらの幻想的な光景をみることができます。
また、白夜やハイランドツアーなどこの季節にしか楽しむことができないツアーも催行されます。
そして、パフィンやイルカなど野生動物も観察しやすくなり、ホエールウォッチングまで楽めるので
新婚旅行の素敵な思い出として残すことができますね。

春はハイシーズンではないため観光客も比較的少なくホテルの予約が取りやすく、価格も夏場に比べて安くなっているので狙い目。
4月初旬であればオーロラツアーも期待できるので、旅費を抑えながら新婚旅行を楽しみたいという
新婚さんにはオススメのシーズンといえるでしょう。

・美しい光景を楽しむなら”秋”
秋のアイスランドは春とは逆に冬の訪れを感じさせるように平均気温が一気に下がると同時に
日照時間も短くなります。
特に9月は季節の変わり目なので風が強く雨が降る日が多くなり、雪が降る場合もあります。
悪いところだけでなく、日本の紅葉のような赤やオレンジなど鮮やかな木々の風景を楽しむことができます。
春と同様にホテルの予約も取りやすく価格も安くなります。
そして、寒くなる前にオーロラツアーを楽しみたいなら秋がオススメです。

・オーロラを楽しみたいなら”冬”
冬のアイスランドは最も寒く暗い時期です。
最低気温は氷点下を下回り、日照時間も1月には11時~15時と日本では考えられないほど短くなっています。
しかし、この時期は冬のアイスランド旅行の代名詞ともいえる『オーロラ』や『スーパーブルー』と呼ばれる氷の洞窟ツアーが催行されます。
特に、氷の洞窟ツアーは11月~3月の限定なので、他の季節では楽しむことができない冬限定のツアーです。
オーロラが楽しめるのでハイシーズンかと思いきや、冬はローシーズンとなるのでホテルは直前でも予約可能なところが多く価格も安くなっています。
ただ、日照時間が短いためツアーの本数も減ってしまうデメリットもあります。
新婚旅行で絶対オーロラを見たい!という方は、ホテルも安くなっている冬をオススメします。

こんな新婚さんはアイスランドがおすすめ!

・人とは違う場所に新婚旅行に行きたい
・オーロラなどなかなか見ることの出来ない景色を楽しみたい
・雄大な自然を満喫したい
・新婚旅行を時間を気にせず楽しみたい

こんな2人の新婚旅行にアイスランドは人気です!
新婚旅行といえば、ハワイやモルディブなど南国が多いですが、人と違う場所に行きたい方や山など自然を思う存分楽しみたい新婚さんにアイスランドはピッタリの旅行先です。

また、夏場だと日照時間が非常に長くなるので時間を気にせず新婚旅行を楽しむことが出来るのも
アイスランド旅行の最大の醍醐味だといえます。

アイスランドでのトラブルや注意点・治安は?

アイスランドは世界の治安が良い国ランキングでも常に上位にランクインしており日本よりも、もっとのんびりとした雰囲気がある国のため、新婚旅行だけでなく女性の一人旅も安心できると言われています。

しかし、トラブルが少なく治安が良いと言われるアイスランドでも少なからず犯罪や危険の可能性はあるため用心しておくことは大切でしょう。
安全な国だからと言って気を抜くことはNG。
また、アイスランドの観光スポットは『黄金の滝』や『ヨークルスアゥルロゥン』など大自然を楽しめる場所がほとんどです。
その一方で人口密度が低いため迷子になったり怪我をしたら助けが来るまで時間が掛かることも考えられます。
人気の少ない場所に行く場合はできればグループで行動することを心がけることが大切ですが、トラブルに巻き込まれないための注意点やポイント紹介しておきます。

1.盗難や詐欺に気を付ける

アイスランドの住民はしっかりと教育を受けて健康的な考え方をしている方がほとんどなので盗難や押し売り、詐欺などの心配はほとんどありません。
しかし、アイルランド人が盗まなくても他国から来た外国人旅行者が窃盗などをしてしまうこともあります。
また、ノートパソコンやスマートフォンなどはさすがに盗まれることはあるので所持品の管理はをしっかりとしましょう。

2.お酒の飲み過ぎには注意

アイスランドでは週末にパーティーをすることが多く、特に若い人は日本の学生のようなノリでお酒を楽しんでいます。アイスランドでは、お酒の種類も豊富なうえ、アルコール度数が強いのが特徴です。
また、アイスランドの伝統的なお酒になると40度もの度数があります。
アイスランド人のペースに合わせて飲んでしまうと、知らない間に酔いつぶれてしまうことも。
そうなっては、楽しい新婚旅行も台無しになってしまいますので、お酒の飲み過ぎには注意しましょう。

3.文化の違いを理解する

どこの国に行ってもそうですが、日本の文化では常識的なことも海外では通じないこともあります。
例えば、日本の道路標識はとても親切で”凍結しやすい場所”や”危険な場所”などには注意喚起があります。
しかし、アイスランドの文化ではこのような注意喚起の標識がありません。
アイスランドは寒いため道が凍結しやすいですが『凍結注意!』や『崖に注意!』など
そのような標識もないため運転する場合は十分注意が必要です。
新婚旅行を事故で最悪の思い出を残さないためにも、特に慎重に安全運転を心がけましょう。

4.アイスランドはなんでも自己責任

アイスランドでは”自己判断”と”自己責任”が当たり前と小さいころから教育されています。
例えば、レンタカーを借りるとき乗る前に傷がある場所を確認するのは”借りる側”返す時に傷が増えていると追加料金を取られてしまうため、事前に借りる側がしっかりと確認しておきます。
このように自己責任の国なので、契約書なども適当に対処するのではなくしっかりと理解してからサインするようにしましょう。特に新婚旅行ではテンションが上がりがちになりますので注意が必要ですね。

 

英語が話せなくてもアイスランドで会話は大丈夫?

アイスランドの公用語はアイスランドのみで使用されている”アイスランド語”ですが、小学校から英語とデンマーク語を習うため大半の国民はこの3か国語を話すことができます。
英語はアイルランド中では、ほぼどこでも通じると考えて問題ありません。
しかし、アイスランドではホテル・観光地・ツアー会社など日本語を話せるスタッフはとても少ないのが現状です。
なので、アイスランドに新婚旅行に行く際は、少なからず重要な単語だけでも覚えておいた方がトラブルなく新婚旅行を楽しめると思います。
中には、日本語ガイドと行くツアーなどを提供している会社もあるので言葉や会話が不安な方はそのようなツアーを選ぶのが良いかと思います。
アイスランド人は『外国人にもっともフレンドリーな国ランキング』で1位に選ばれたこともあるほど旅行者に優しい国民性で観光客には優しいので、片言の英語でも理解しようと努力してくれるので過度の心配はしなくてもよいでしょう。

アイスランドの行き方

アイスランドへの直通便は日本から出ていないため、ヨーロッパ内の都市にて乗り換えが必要になります。
日本から同日に乗り換えできる国は下記になります。
コペンハーゲン(デンマーク)
アムステルダム(オランダ)
ロンドン(イギリス)
ヘルシンキ(フィンランド)
EU参加国はシェゲン条約によって、EUで最初に入国した国で入国審査を受ければ他で受ける必要はないため、アイスランドでの審査はありません。
アイスランドの空港は首都レイキャビクの南西40キロくらいのとこにある、ケプラヴィーク空港です。
ここからはレイキャビク市内まで送迎バスが走っているので、それに乗って市内に行くのが一般的。
空港出口でチケットを買うこともできますが、日本で購入しておくことも可能なので新婚旅行の不安材料を減らす意味でも事前に購入しておくほうが良いでしょう。

アイスランドの新婚旅行を扱う旅行会社は?

・パーパスジャパン
唯一のアイスランド旅行専門店で、たくさんのツアーの他、行きたい都市別のツアーを選ぶことができます。

・H.I.S
旅行代理店大手のH.I.Sも多くのアイスランドツアーを取り扱っています。
大手ならではの価格の安さと安心感があるため、人気の旅行会社です。

・旅工房
300以上ものアイスランドツアーを取り扱っている旅行会社です。
航空会社は自分の好きなところに変更できるプランも多いのも人気の秘訣。
ホテルもツアーと同等クラスであれば好きなところに変えることができるので自分達だけの新婚旅行ツアーを楽しむことができます。

・ファイブスタークラブ
70ほどもツアーを企画しています。
アイスランドならではの観光地めぐりから、オーロラツアーなど様々なツアーがあります。
英語は苦手という方にはオススメの日本語ガイドが同行するツアーまで用意されています。

 

アイスランド新婚旅行でオススメの食事は?

豊富な魚介が味わえるアイスランドは、調理レパートリーは少ないですが素材や調理の手間を惜しまないため、どれを食べても美味しいと評判です。
豊な自然で育ったラムや手長海老など日本でもなじみのある食材はもちろんのこと海鳥やサメなどちょっと変わった食材も楽しむことができます。
アイスランドに新婚旅行に行った場合、必ず食べた方が良いおすすめの食事を紹介しておきますので参考にしてみてくださいね。

・アイスランドのロブスター”手長海老”
アイスランドでロブスターといえば、手長海老のことを指します。
パスタやアイスランディック・ロブスター炒めなど、漁港に近いためいつでもどこでも
獲れたての新鮮な手長海老を堪能することができます。

・ラム肉
アイスランドでは伝統的に夏に高地で放牧されていて、山特有のハーブを食べて育ちます。
脂肪が少なく、臭みのない美味しいラム肉を楽しむことができます。

・キョツパ
アイスランドの伝統的なラムスープ。
羊の肉を野菜と煮込んだスープであっさり目の味で仕上げるお店が多い料理く日本人での食べやすいのでアイスランドで食べてもらいたい料理の1つです。

・クジラ料理
アイスランドでは日本と同じようにクジラを食べる国です。
レシピも豊富ですが、グリルやフライが一般的。
若い世代の方にはなじみがないクジラ肉ですが、アイスランドに行った際には本場のクジラ料理を楽しむのも良いですね。

食事が美味しいと評判のアイスランドなので、せっかくの新婚旅行なので色々と食事も楽しみたい!
と考える方も多いと思いますが先ほど説明したとおりアイスランドの物価はとても高いです。
あれもこれもと何も考えずに注文すると、請求額にビックリしてしまうこと間違いなし!

前菜は1皿2,000円以上、メイン料理は3,000円~6,000円と価格が高いことを頭に入れて予算に限りがある方は、レート計算をきっちりしてオーダーしましょう。

コメント